1. HOME
  2. 院長コラム:学校定期健康診断について

学校定期健康診断について

  • 平成30年度は御所南小学校(1~6年生)、高倉小学校(6年生)、御所東小学校(1~6年生)、京都御池中学校(7~9年生)の眼科検診を担当します。宜しくお願いします。
  • 感染などの外眼部疾患、眼位の異常などに特に注意して検診します。視力低下、結膜炎がよくみられます。
  • 視力低下は様々な病気が考えられますが、最も多いのは学童期にはじまる近視です。遠くの視力が低下し黒板などが見えづらくなります。一時的な近視である仮性近視と、成人の近視と同じ軸性近視があります。仮性近視は調節麻痺剤の点眼で改善する場合があるのに対し、軸性近視では投薬などで改善することはなく必要に応じて眼鏡などの視力矯正器具が必要になります。
  • 結膜炎では急性結膜炎やアレルギー性結膜炎が多くみられます。目やに、異物感、痒みなどを感じます。瞬きをよくする場合もあります。抗菌剤や抗アレルギー剤の点眼剤が必要になります。

嶋元孝純

院長/日本眼科学会専門医

院長コラム一覧

2018年09月01日
コンタクトレンズ検査について
2018年04月01日
学校定期健康診断について
2018年03月01日
眼鏡処方箋の交付について

診療時間

  • 午前 / 9時~12時
  • 午後 / 16時~19時
  • 休診日 / 日曜日・祝日

交通アクセス

医療法人嶋元眼科診療所

〒604-8381
京都市中京区西ノ京職司町72番地
ウエストフィールド103

マップ

詳しい地図はこちらから

ページトップへ